文系アラサー女はフリーランスになれるのか?

文系アラサー女が家族の介護をきっかけに、フリーランスになることを決意。フリーランスになるまでの奮闘の記録。

【ココナラ】人事系サービス始めました!~求職者様、採用担当者様向け~

 

こんにちは、ふじです。

本日はココナラさんで新しいサービスを始めたのでご紹介させていただきます!

 

 【学生さん向け】

エントリーシートの添削します 添削して欲しい…初めてのエントリーシート提出をするあなたへ

 

【採用担当者さま向け】

求職者のスクリーニングをします 猫の手も借りたい採用担当者さまへ

 

このサービスを始めた理由

仕事って、自分の人生を大きく左右する非常に大切な選択だと思っています。

私自身が会社勤めをしないという働き方を模索していますが、それは会社員を経験したからこそたどり着いた答えです。

 

たぶん、いまフリーで働いている人も起業している人も、人生のなかで1度は会社勤めをしたことがある人がほとんどです。

だからこそ、最初に勤める企業が本人にマッチしているところに行ってもらいたい。

 

なぜかって、不思議なもので会社側からの期待値が大きいと、成長スピードが圧倒的に早いです。会社も育てよう、成長してもらおうと思っているので、色々とやらせてくれるし、教えてくれます。

 

逆に、この人はうちに向いていないかもしれないなと思われると、教えてくれないし、仕事もやりずらい。なにより期待されていない感がプンプンすると、本人の成長スピードが落ちる。

 

 

しかし、残念ながら大きい人材紹介会社は、求職者が就職してくれれば、紹介料が入ってくるので、就活サポートと年俸交渉をしたらおしまいです。

 

企業の採用担当者も、目標人数の中で多少マッチしていないなと感じる学生も採用せざるを得ない状況が多々あります。

 

心から求職者に寄り添っている担当者なんていないんじゃないかな。

だって、結局はその人も、雇用されている身だから

 

私は、人生の分岐点で必ず助けてくれる、信頼出来る人がいました。

(家族でも、パートナーでもない方です)

客観的な視点で、アドバイスをいただけたことで、自分が納得できる選択をいつも選ぶことができたと思っています。

 

しかし、多くの人は第三者の意見をもらうことができないまま、就職先を決めたり、転職先を決めたりしているのではないでしょうか。

 

親の意見を鵜呑みにするのは本当に危険です。

学校のキャリアセンターも、就職アドバイザーも。

なぜなら、あなたの人生が少なからず、意見を求めた人の人生や評価に関わるから。

 

フリーだからこそ、どこにも属していないからこそ

求職者に寄り添えるサービスを展開できるのではないかと思い、このサービスを始めてみようと思いました。

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

フリーランス始めたいなという方はぜひココナラを利用してみてくださいね!

 

coconala.com